FC2ブログ
 
■プロフィール

rough room

Author:rough room
神奈川県平塚市在住。
2児の父です。
運動不足の為に40代半ばで始めたジョギング。
2016年「11th湘南国際マラソン」のフルマラソンの部に初出走。30キロを過ぎ歩きながらの完走でサブ5ならず。
2017年「12th湘南国際マラソン」のフルマラソンの部に出走。サブ4.5を達成。オッサン、引き続き頑張ります。

「きまぐれ日記」は別名、「気が向いたら日記」とも呼びます。

■カウンター

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
救急車
仕事が終わり、片付けをしているところへ、ケータイに自宅から電話。

20時すぎに停電があったので、ちょっと心配で電話したら、takuが出て、
「また停電したら今度はtakuくんが電話するね」
とtakuが言ってたことを思い出しながら電話に出ると、

「hiroが大変なんだ!だからこれから救急車で病院に行くね!!」とtakuから電話。

ああ、そう。。。
えっ、、、えーーー!!!




ママに代わってもらい状況を聞くと、痙攣をおこしたあと、体が硬直しているとのこと。

それを聞いて、片付けをして、家に帰りました。
すると、家の前にはすでに救急車が停車。
まわりにはご近所さんが立ち見。

とりあえず、自宅横に車を停め、ご近所さんに
「すいませ~ん」「お騒がせしてます」と言いながら、救急車へ行くと、近くの共済病院に行く予定とのこと。
そのまま乗っていこうかと思いましたが、そのまま帰ってくることも考え、救急車のあとをついていきました。
(この時は既にhiroは意識もあって泣いたり、体も動いてたそうです。)

さて、救急車の後を・・・でも、サイレンを鳴らした救急車ですから、赤信号も通過。
私は信号待ち。。。
でも救急車って、そんなに飛ばさないのね。
信号待ちもそれほどなかったので、救急車の到着とほぼ変わらず病院へ。

すぐお医者さんに診てもらったところ、「熱性けいれん」との診断。
100人に7~8人くらいは経験するそうです。
親や兄弟になった人がいると出やすいそうです。
takuもママも経験無いそうです。私はどうだったかな?


とりあえず、座薬をいれ今日は帰宅。
明日、また診察を。とのことでした。

家に帰ると元気はなさそうですが、落ち着いたのか、時折、hiroが笑います。
こっちも、一安心しました。
子育て | 23:04:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する